コンテンツに移動

安全を表す、中央に Google の G のロゴが配置された尖形の青い盾

今日はセーファー インターネット デー

Google パスワード マネージャーを利用すると、すべてのオンライン
アカウントへのログインをより安全に行うことができます。
詳細をご覧ください。

パスワードをもっと手軽に

Google パスワード マネージャーはすべてのプラットフォームの Chrome とすべての Android アプリに組み込まれており、あらゆるデバイスからサイトやアプリにログインすることができます。たくさんのパスワードを覚えたり、同じものを使い回したりする必要がありません。

パスワードをもっと手軽に

Google パスワード マネージャーはすべてのプラットフォームの Chrome とすべての Android アプリに組み込まれており、あらゆるデバイスからサイトやアプリにログインすることができます。たくさんのパスワードを覚えたり、同じものを使い回したりする必要がありません。

閉じた金庫の扉。Google パスワード マネージャーのロゴがその上に表示されている。

バックグラウンドでユーザーを保護

Google のセキュリティは、データ侵害を常に監視しています。不正使用されたパスワードが検出されると通知が表示され、ユーザーはわずか数ステップでそのパスワードを変更できます。

パスワードを強力に

パスワードを強力に

パスワード チェックアップは、セキュリティ上問題のあるパスワードを自動で特定します。リスクのあるアカウント情報は未然に修正することができます。

パスワードが不正使用されたオンライン アカウントがあることをユーザーに知らせるモバイルのポップアップ
暗号化された安全なパスワードを表示するモバイルのポップアップ。パスワードは黒いドットで表示されている。

セキュリティをアップグレードする

セキュリティをアップグレードする

暗号化でパスワードのセキュリティを強化して、本人のみがパスワードを確認できるようにします。

パスワードを簡単にインポート

パスワードを簡単にインポート

他のパスワード マネージャーからのパスワードの追加も簡単で、すぐに使用することができます。インポートしたパスワードが安全でない場合には通知が表示され、安全を確認したうえで使用を開始できます。

パスワードをインポートするかどうかをユーザーに尋ねるモバイルのポップアップ。

いつでも、どこからでも

Google パスワード マネージャーでは、パスワードが 1 か所に安全に保存されるため、いつでも、どのデバイスでもパスワードを使用できます。Chrome や Android で Google アカウントを同期するだけです。

ノートパソコン、デスクトップ パソコン、タブレット、モバイル デバイスに、パスワード マネージャーのさまざまな画面が表示されている
ノートパソコン、デスクトップ パソコン、タブレット、モバイル デバイスに、パスワード マネージャーのさまざまな画面が表示されている

Google パスワードマネージャーの詳細

Chrome または Android で Google パスワード マネージャーを設定する

Google パスワード マネージャーは Chrome ウェブブラウザと Android デバイスに組み込まれているため、インストールは必要ありません。Chrome の場合は、同期をオンにするだけです。Android の場合は、Google を自動入力サービスとして選択します。[設定] に移動して、「自動入力サービス」で検索し、「Google」が選択されていることを確認してください。

iOS で Google パスワード マネージャーを使用する

Chrome ウェブブラウザを使用すれば、iOS で Google パスワード マネージャーを最大限に活用できます。最初に、Chrome で同期をオンにします。その後、[パスワードを自動入力] のサービスとして Chrome を選択します。

  • iPhone または iPad で [設定] を開きます。
  • 下にスクロールして、[パスワード] を選択します。
  • [パスワードを自動入力]、[Chrome] の順に選択します。
  • [パスワードを自動入力] をオンにします。

Chrome を自動入力プロバイダとして選択すると、iOS スマートフォンのどのアプリでも Google パスワード マネージャーを使用できます。

  • iPhone または iPad で、ログインするアプリに移動します。
  • ログインページでユーザー名またはパスワードの欄をタップします。
  • キーボードで [パスワード] を選択します。
  • 自動入力を許可するには、デバイスへのログインがもう一度必要になる場合があります。
  • 使用するパスワードを選択します。

パスワードを表示、使用する

パスワードは Google アカウントに保存されます。パスワードが保存されているアカウントの一覧を表示するには、任意のブラウザで に移動するか、 パスワードを表示するには、もう一度ログインする必要があります。
  • パスワードを表示するには: アカウントを選択してパスワードをプレビュー表示します。
  • パスワードを削除するには: 任意のアカウント、[削除] の順に選択します。
  • パスワードをエクスポートするには: [設定]、[パスワードをエクスポート] の順に選択します。

Google がユーザーの情報の安全性とプライバシーをどのように維持しているか確認する

Google は、高度なセキュリティでユーザーのデータを保護しています。Chrome などの Google サービスにはセキュリティが組み込まれており、ユーザーは有害なサイトやマルウェアなどの脅威から守られます。Google パスワード マネージャーにより、パスワードを保護し、暗号化できます。また、自身のデータの使用方法をユーザー側で管理できるプライバシー ツールも用意されています。

確実にパスワードをインポートする

3 つのステップで Google パスワード マネージャーに切り替えられます。

  • Google サービスではない使用中のパスワード マネージャーに移動して、CSV ファイルとしてパスワードをダウンロードします。
  • Google パスワード マネージャーにパスワードをインポートします。passwords.google.com に移動して、[設定] > [インポート] > [ファイルを選択] を選択します。
  • ダウンロードした CSV のパスワード ファイルは、不正に使用されたり、ハッカーにアクセスされたりしないよう、削除します。

Google パスワード マネージャーからパスワードをエクスポートする

Chrome または Android の [設定] に移動して、[パスワード] を選択します。その後、[パスワードをエクスポート] を選択します。passwords.google.com の [設定] でもパスワードをエクスポートできます。

Chrome からログアウトしている状態でもパスワードの安全性が維持される仕組み

Chrome からログアウトすると、パスワードはローカルに保存されます。つまり、パスワードは Chrome でのみ利用可能であり、かつ他のデバイスでは利用できないということになります。

Chrome ロゴ、Android ロゴ、iOS ロゴ

簡単 3 ステップで
パスワードを保護

Chrome

「同期を有効にする」と表示された設定画面

ステップ 1

ログインして同期をオンにする

Chrome にログインして同期をオンにすると、すべてのデバイスでパスワードを確認できるようになります。

「パスワードを保存しますか?」と表示された白い画面

ステップ 2

ウェブサイトでパスワードを保存する

サイトで新しいパスワードを入力すると、Chrome でそのパスワードを保存するかどうかを尋ねられるので、[保存] を選択します。パスワードの表示と管理は、設定からいつでも行えます。

ユーザー プロフィールが表示された白い画面

ステップ 3

すべてのデバイスでログインする

ノートパソコンとモバイルの両方で Chrome にログインします。次回サイトにアクセスする際に、Chrome でユーザー名とパスワードを自動入力できるようになります。